mojirian.blog

何をしているのかよくわからなくなっている、ブログ街道の一角。





上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







[No.22]雨の詩

今日の帰りでのこと。
久々に雨が降っていた。と思ったら傘がない。

さてどうするか?
どうせ学校でやむのを待っていても、この雨がおさまることはないだろう。
と思い、傘なしで帰ることに。
そこで当然バスに乗ろうと考えていた。

そしてやはり皆も同じ考えだったんだろう。バス停留所には行列が。
ざっと見た感じ40人ぐらいはいそうだった。
しかもそのときの時間帯では15分に1回バスが来る。

その間まさにずぶ濡れ。当然一度に屋根に入りきるわけはないので。

周りはちゃんと傘をもっているのに自分だけない、というこの惨めさ。

後ろではもうやだァ~とか言っているが、こっちだってもうやだァ~と言いたいぐらい。

そして十数分後、ようやくバスに乗り込む。
それからまたどこからともなくスカートびしょ濡れだしという声が聞こえるが、こっちなんか全身びしょ濡れだぞと。
服が重くてしょうがない。
しかもおニューのバッグまで濡れちゃって。しかも一部は革製なのに。

最悪ですね。
その時まさに周りの誰よりも一番ヤな気分を体感していたわけだ。

スポンサーサイト








さて、遅ればせながらここで自己紹介をさせていただきたいと。

辻風さん家からのバトンも兼ねて。


▼氏名
H.U.。
ネット上でも自己を偽ることなく、イニシャルで通している。

▼年齢
17。
そのくせ、R18のグロテスク系のコンテンツを見ちゃったりすることも。

▼職業
プロフィールの通り。
敢えて書くなら、現在高校2年。

▼趣味
PCでもいじってみること。

▼好きな異性のタイプ
性格がよければそれでいい。
できれば見た目もいいほうが(以下略)

▼特技
PC。以上。

▼資格
英検4級。小学6年に取得。
スキー検3級。殆ど雪の降らない地方在住にもかかわらず。

▼食い物の好き嫌い
枚挙に暇がないほど嫌いなモノは多い。

▼愛する人へ一言
永遠の愛などというものはありえない。


以上。自己紹介でした。

(続きを読む)








なんと現在ここで使っているテンプレートを、一部改変してFC2ユーザー向けで共有致しました。

サンプルはまさしくこれです。今ご覧になっているモノです。一部改変はありますが。

現在plain_paperという名称で売り出しているので、見かけたらどうぞ。


シンプルという美に賛同できる方々に是非使ってもらいたいものです。

(続きを読む)








今日の英語の授業でのこと。
いつものように号令をし、いつものように着席した次の瞬間。

後ろから叫び声がしたので、なんだろうと振り返ってみると

なんと頭上にクモが!!

ゆっくりと降りてくるんですね。それでいったん止まり、また上っていく。
先生といえば、

だいじょぶだいじょぶ。そのクモは毒もってないから。

わかるんですか先生!?みたいな。

それでいったん上ったはいいが、しばらくして

ほら降りてくるよ降りてくるよ~

と先生が突拍子もなく言うのでまた振り返ってみると、ホントに降りてきてました

それでまた止まったと思ったら今度は、クモの糸が切れてイスの上にポトリと。

じゃあ、ここはもうティッシュででも包んじゃって。
こうやっておがんでやってください


というので、ティッシュで包み、ビニール袋に隔離してやりました

それからまた少しして、

さあ、大丈夫ですか!?スパイダーパニック!
もう朝っぱらから・・・


あーそういえばスパイダーパニックっていうチョーつまらない映画があったんですけども、ホントに戦うだけのチョーつまらない映画でした。はい。
まぁそれはいいですが。



そのクモはといえば、自分の部屋で飼うことはもはや不可能でございますので、放課後にちゃんと放してやりました。かなり弱っているみたいでしたが。

ちなみに放した後のことについては知ったこっちゃないです。

(続きを読む)








今携帯電話について機種変更しようかと考えているんですが、かなり前から変えようかと思ってたんですよ。

で、なぜ変えようということになったかといえば、やはり倦怠感のせい?
まぁなんでも倦怠感のせいにしちゃいけませんな。

現在使用している機種はSH901iSというものなんですが、その操作性に関しては全く問題はないと。

しかし問題なのが、重さと大きさですかね。
重さはワンセグ対応のP901iTVとならんで約150gと、おそらくFOMAのなかで一番重いと思われる。
やはり携帯電話は携帯するものなので、できるだけ小さく、軽くなければならない。

そこでドコモショップでいろいろ試してみた結果、現在候補として挙がっているのが以下のとおりです。

  • D902iS

  • あのグルグルが素晴らしい。操作性に富んでいる。
    もともとワンプッシュ・スライド式というのが好きではなかったが、グルグルが最大のウリであるのも分かるような気がした。
    Dシリーズを選ぶとしたらこれ以外はあり得ない、というぐらい。
    でもやっぱり、あのスライド式は壊れやすそうに見えてならない。

  • SH902iS

  • 現在もっているのもアルミパネルだが、質感の違いが感じ取れた。
    前面のサブディスプレイも素晴らしい。ちょうど前面に時計表示をしてくれるやつが欲しかったところ。
    全体的にスクエアタイプなのも、またいいと思う。
    特にいいと思うのが、バックライトを自動調節してくれるところ。
    やはり携帯電話は電池のもちがよくないといけないので、こういう節電機能も欲しかった。
    ただし実際に操作してみると、若干反応が遅いうえに、メニュー画面も派手なような気がした。
    ここはシンプルでなければならない、というのが自分のポリシー(?)なので、メニュー画面含めてシンプルな感じに設定できるのか、というのが少々気になるところ。
    ちなみに音楽機能の高さで買おうという気は毛頭ない。

  • SO902i

  • 一番のウリはやはりあのコンパクトさであろう。
    重量も約102gと軽いし、これは持ち運びやすいと思う。
    やはり携帯電話は携帯するものなので、当然携帯性がよくないと話にならない。
    おまけに画面にはハードコート処理がしてあって、傷がつきにくい構造になっている。折りたたみ式でないものには、必ずあってほしいもの。
    さらにありがたいのが、「シムシティ3D」というiアプリが標準搭載されていること。
    「シムシティ」とは自分が市長になり、建物を建てたりして自分だけの町をつくり上げていくという、本格的なシュミレーションゲームである。パソコン版に「シムシティ4」というのがあるので、機会があれば是非やってみてほしい。
    それからもう一つ目を向けているのが、マルチタスク機能というやつ。かなり使いやすいという話なので、ここは是非体験してみたいところ。
    カメラ機能に関していえば、小さなボディであるにもかかわらず、300万画素以上をキープするとはたいしたものだと思う。コンパクトにこれ以上のカメラの質の良さを求めるのは酷であろう。
    これら素晴らしい機能を持ちあわせているのだが、やはりコンパクトであるがゆえに操作性に欠ける。これが最大の欠点。
    キーが波状になっているなど、工夫はされているみたいだけど。

  • 現状通り

  • これまでどおりSH901iSで通す、という選択肢。
    処理速度でもカメラ機能に関しても、何も言うことはない。
    画面が高画質であるのもまた特徴の一つである。
    テレビ番組などをAVケーブルを通して録画できるというのも、利点としては大きいと思う。使ってないけど。(笑)
    しかしやはり重いのと大きいのが最大の欠点。
    それから表面の色がハゲてしまうんじゃないかというのがあったり、2軸回転式なのでヒンジ部が壊れやすそうなんじゃないかという心配があったり。


    以上が候補として挙がっているものです。
    はっきりいってこれ以外は考えてないですね。

    一体どれが一番自分に合っているのか。
    ここは結構重要な選択であると。
    何か意見があれば、コメントでもしてください。








    ついにあの長かったようで短かった的な期末テストが案外あっという間に終わった。

    終わったはいいけども、数学がまさにドン底。ヤバイですな。
    数学さえなければ成績不振者ではありえなかったはずだというくらい。
    理系にもかかわらず何たること。これは改善せねば。


    テストが終わったら終わったで、またやることがたくさんある。

    来る10月に文化祭があって研究発表をやるんだけど、それの調べものをしなければならない。
    テーマは暗号についてで、題はシークレット・コードでやるそうで。

    題のほうはダ・ヴィンチ・コードをもじったものであると思われるが、自分は一切この辺の決定については関与していない。
    そしてダ・ヴィンチ・コードという映画は見たこともないし、どういう映画かも知らない。

    そういう状況で文化祭に取り組んでいくわけだが、自分としてはこういう行事にはあまり熱が入らない。どうしても消極的になってしまう。自発的にこうしようなどということもない。

    要するにやる気がないと。学校側としてはこれが最も力を入れる行事らしいけど。

    あくまで積極的には動かないつもりだけど、頼まれたことに関してはやるしかない。
    やる気ないのが見え見えだと、当然ヤな奴だと思われる。だから頼まれるものまで、のけようとは思わない。
    そして頼まれたからにはご期待に添えたいというのが性分なので、頼まれた分については、なるべく多くのものを提供したい。その辺は積極的に。でも後は消極的に。
    これが、自己流!文化祭の参加の仕方

    自己流も何もないけども。
    これはもう行事に対して情熱を燃やさない者たちの典型的な参加の仕方といったほうが正しかったか。

    情熱といえば、今回の文化祭のスローガンは情熱だったような気がしないでもない。









    今日でテスト2日目が終わった。
    考えてみれば2日間で9科目もやったんだっけなぁ
    ここではもう

    長かったようで短かった。

    という、よくわからない表現が使えそうですな。


    さて、前々回の記事にて成果をあげたいとか書いていたような気がするけど、実際はどうだったかといえば、まぁそんなでもないなーと。

    そんなでもないという。これがよく陥りやすいパターン。

    ほとんど大丈夫だと思うのだが、数学Ⅱ結構危ない状況
    全然やっていないことはないけども、それでも絶対量が足りなかったのか。
    数学に比べて、ほとんどやってない科目が比較的できたにもかかわらず。
    自信があっただけに、いささかショックを受けた。ホント悲しい。

    さらに恐ろしいのが最終日である明日に行われる数学Bというやつ。
    ウチの学校では、数学が2科目に分かれている。そういう学校に行ってる方にはわかりやすいかもしれないが。

    数学Bでは数列が出題され、その中には当然数学的帰納法も含まれる。
    ベクトルも出題の対象になるらしいが、今日の数学Ⅱの試験で比率としてはそれほどでもないだろうということが分かったので、そこは考えていない。
    比率が小さいところを苦労してやっても時間のムダだからだ。どうせやるなら、点のとれるほうをやったほうがいい。

    数学Bも危ないが、化学も。

    化学は比較的得意なほうだけど、だからといってさすがに何もやらないのでは結構キツイものがある。

    ホントのところ、何もやってないので結構キツイ



    というわけで、残りの強敵は数学B化学

    がんばろう。あしたも。








    テストまで残すところあと5日程度となってしまいました。

    あと5日で何が出来るか?といえば、そりゃ使い方によりさまざまですが。

    とにかく覚える量が半端じゃない。
    何科目あると思いますか?

    13科目ですよ。13科目。

    前回の定期テストでは11科目だったので、さらに2つ増えていることになりますねー。

    情報科と保健体育の2つが増えてました。

    まぁその2つに関しては言うことないですが。

    文系だったらば、もっと少ない科目で済んでいるらしい。
    文系に進んだ友達にそれを話すと結構驚いた様子で。

    でももしかすれば、13科目よりも試験科目が多い方がいらっしゃるかもしれないので、もしいたとすれば

    あ、たった13科目で文句言ってるよーこいつ。俺なんか14科目だぜ?

    とかいう話になるわけですよ。

    ないですか?実際に14科目受ける人は。


    はい、いいです。結構。



    というわけで、ホントはこんなことを書いてる暇などないどころか、このごろ疲労が増すばかりなので。
    これで終わりにします。








    さて、もう期末テストまで残り10日間を切ってしまいました。

    さすがにもう危ない状態。

    数学なんかは今微分をやってるんですが、基本問題はわかるにしても、発展レベルともなると、さすがに理解の範疇を超えております

    まぁそれが成績不振者というやつですが。


    物理のほうも結構ヤバイんですね。

    波の性質のとこなんかはまだわかるんですが、一番わからんのは運動とかですかね。
    なかなか理解に苦しみますねー。ええ。
    苦労して覚えたいと思います。

    そして迫り来るテストで成果をあげたいと。

    それが今のところの目標といった感じ。


    ホントにここで点を上げないと、非常にマズイ状況になってしまう。

    まさに単位が取れるかどうかがかかっている。








    中学時代ではあまり見られなかったカップルも、高校ともなれば結構見かけるようになる。

    それはそれで勝手にしやがれ。と思う反面、やっぱりそういうのがうらやましいと思ったことはありますね。

    まぁそれはどうでもいいですが。

    ウチの学校ではそういうところにも規制があったりするんですよ。
    生徒手帳にあるような校則みたいなものではないけども。

    この間そういう話がホームルームで行われました。
    そのカップルのことを学校ではアベックといっていたんですが、聞いた瞬間全てが謎でしたね。
    一体アベックってのは何なんだろうと。なんでわざわざこんな語を使うんだろうと。
    別にそんなこじゃれた名称を使わんでもええじゃないかと。
    まぁそういうどうでもいいような疑問があったわけですが。

    その話によれば、男女で付き合うのはダメとは言わないが、ベッタリくっつきあうのはやめれという。

    そんなことにまで口を出す学校も珍しいと思うんですが、なかでも驚いたのが

    男女二人で手をつないで歩いていただけで反省文を書かされたという事実。

    普通ないですよね?こんなことは。
    反省文を書くにしても一体何を書けばいいんだ?という話ですよ。

    もしその生徒指導に立ち会う先生が独身だったりしたら、ちきしょ~うらやまし~とか思ってるんですかね。

    でもまぁ中には永遠の愛などというものはありえないとか言っている先生もいますが。



    要は規律の面で過度の恋愛は避けろと。
    規律のなっていない奴に自由はないと言っている学校ですから。








    まぁそれほど重要な知らせではないんですが。

    名前を変えました。というか戻しました。
    右上のプロフィールを見ていただければ分かると思います。

    なぜ戻したかというと、やはり自分を偽りたくないということで、そのまんまイニシャルでいこうと。

    ホントは本名を出してもいいところなんですが、なにしろ学校側に知られてはならない数々の情報があるもので、匿名性を保持するためにも本名は出せないと。

    学校の内部情報がなければ堂々といきたいところですが。

    まぁさすがにそれはヤバイだろうなぁと。


    そういうわけで、これからはこれでいきます。はい。
    どうぞよろしく。







    Copyright(C) mojirious All rights reserved.

    職員室 / /


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。